2014年03月02日

「怒る」と「叱る」の違い

いつもブログを見てくださってどうもありがとうございます。
アンガーマネジメントシニアファシリテーターの大山葉奈です。

子育て中の方や、部下を持つ方から、こんな言葉をよく聞きます。

「つい怒ってしまう」
「でも怒らないと相手のためにならない」
「だからある程度怒ることは悪いことではないはず」
(と自己正当化しながらもモヤモヤ・・・)

先日発売されたアンガーマネジメントトレーニングプロフェッショナルの小林浩志さんの著書『パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門: 怒り、イライラのコントロールで、職場は変わる! 成果が上がる!』に、このモヤモヤに対する説明が、とても簡潔に書かれていました。

「自分の損得のために」が「怒る」であり、
「相手の成長のために」が「叱る」という行為です。


ただ、その「叱る」根底に流れている相手への思いやりが、相手に「伝“わ”る」ことが意識されておらず、自己本位に「伝“え”る」ことに夢中になると、それは「感情に任せて怒っている」ことになってしまう…ということが続けて書かれています。

感情を高ぶらせて大声を出したり手を上げたりすることが、本当に相手に「伝“わ”る」方法なのか、考えてみましょう。それだけでも、きっと一歩前進できるはずです。

小林さんのご著書は、会社で人事関連のお仕事をされている方、部下を持っている方が少なからずぶつかる「叱責とパワハラの紙一重の恐怖」を解消するための考え方、方法が載っていて、読み応えのある1冊です。

blog20140302.jpg

知らないうちに「パワハラ」をしてしまう勘違い熱血上司にならないために、あるいは「パワハラ」を意識するあまり指摘すべきこともできない軟弱上司にならないために、ご興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。




◇◆開催講座のお知らせ◆◇

・「アンガーマネジメント入門講座」(3月16日(日)10:00〜11:30、渋谷)
http://manage-your-anger.seesaa.net/article/386097792.html
事前申込み制。話題になっているアンガーマネジメントの入門的なテクニックが学べます。
☆バージョンアップ版で開催します!☆

・「アンガーマネジメント入門講座」(5月11日(日)10:00〜11:30、渋谷)
http://manage-your-anger.seesaa.net/article/386097792.html
事前申込み制。話題になっているアンガーマネジメントの入門的なテクニックが学べます。
☆バージョンアップ版で開催します!☆

・「怒りタイプ診断講座」(5月11日(日)12:45〜16:45、渋谷)
http://manage-your-anger.seesaa.net/article/386098123.html
事前申込み制。入門講座の内容に加え、怒りタイプ診断を受け、ご自分に合った対処術を学べる講座です。


:::::::

※一般社団法人日本アンガーマネジメント協会※
http://www.angermanagement.co.jp/

posted by Hana at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390312783
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。