2014年06月05日

お知らせ

2014年6月6日より、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会の専従職員として就業することになりました。

それに伴い、協会認定のファシリテーター、キッズインストラクターの活動サポートに徹することを優先とし、個人主催の講座開催はお休みすることにいたしました。

また、このまま個人ブログを続けることで、ブログでの著述が、協会としての見解か私個人の見解かの区別がしにくくなることで読者の方にご迷惑をおかけする可能性があるため、よい方法が見つかるまで、ブログの更新もお休みいたします。

個人・団体様が主催されるアンガーマネジメント講座の講師や、アンガーマネジメントでお悩みの方にコーチとしてご指名をいただける場合は、上述の本業に支障のない範囲でできる限りご期待に添えるよう努めてまいります。

これまでこのブログをご覧くださった皆様、どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
アンガーマネジメントシニアファシリテーター
大山葉奈




posted by Hana at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

宗教や精神論とは異なる位置づけになるアンガーマネジメント、ですが…

いつもブログを見てくださって、どうもありがとうございます。
アンガーマネジメントシニアファシリテーターの大山葉奈です。

日本アンガーマネジメント協会が講座などでお伝えしているアンガーマネジメントは、年齢・職業・宗教の有無や種類・価値観などと関係なく、誰もが取り組める非常に簡単なテクニック・考え方です。

「感謝の心で受け入れる」とか「前向き思考で幸せになる」というような宗教的・精神論的なアプローチでなく、「怒りの感情とうまく付き合っていくコツ」をお伝えしています。(しかし決して「感謝の心で受け入れる」「前向き思考で幸せになる」という考え方を否定しているわけではありません。)

ただ、私が一カトリック信者として感じていることがあります。それは、アンガーマネジメントを身につけることで、より信仰を深められたり、宗教的な態度をとりやすくなったりした、ということです。

私は、心を整えておのずと態度が改まっていくか、態度を改めることでおのずと心が整ってくるかは、順序の問題であって、本質的な問題ではないと考えています。目指すところ、到達するところが同じであれば、それまでの道のりを誰かがとやかく言うことではないと思うからです。

アンガーマネジメントを自分の生活に取り入れることで、結果的には「感謝の心で物事を受け入れる」ことが以前よりもしっかりできるようになった、と私は感じています。ひいては、(以前に増して)「前向き思考」にもなっていると感じます。

もし、宗教をお持ちで、しかしそこで説かれている平穏な態度・考え方と、ご自分の元々の性質の間に溝があると感じている方がいらっしゃったら、私はアンガーマネジメントをおすすめしたいと思います。

ちなみに聖書にはこんな句があります。

「激しやすい人はいさかいを引き起こし 忍耐深い人は争いを鎮める」
((旧)箴言15-18, 日本聖書協会『聖書』新共同訳 1990)

20140601.jpg

(以上、あくまで私の個人的な見解です。)

:::::::


※一般社団法人日本アンガーマネジメント協会※
http://www.angermanagement.co.jp/

posted by Hana at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

怒った時に思い出すキーワード=鍵となる言葉(暗号)

いつもブログを見てくださって、どうもありがとうございます。
アンガーマネジメントシニアファシリテーターの大山葉奈です。

先日、私が以前翻訳許可をいただいたASN(米国Anger Solution Network)のサイトを久しぶりに覗いたところ、サイトが大幅にリニューアルされていてびっくりしました。(汗)

ASNサイトの翻訳について:
http://manage-your-anger.seesaa.net/article/292066210.html

トップページの動画で、興味深いキーワードが出てきたので紹介します。最初の言葉が「STOP」そして4つのキーワードの頭文字をつないでも「STOP」になります。

STOP: just break the anger cycle
Think: the mature voice
Open: to their point of view
Problem: anger is my problem


訳をすると、こんな具合になるでしょう。

止める:怒りが発生する自分の思考サイクルを変えよう
考える:成熟した発言をしよう
開く:相手の視点を理解しよう
問題:「怒り」は自分の中にある課題(自分以外の人・物のせいにしない)


英語のネイティブスピーカーは、怒りを感じた時に自分に「STOP」を声をかけることで、まず怒りの感情にとらわれることをストップし、更にこの考え方を思い出すことができるかもしれませんね。

日本アンガーマネジメント協会では、怒りを感じた時に使う鍵を「3つの暗号」として紹介しています。今年私が開催した「アンガーマネジメント入門講座」や「怒りタイプ診断講座」を受講された方は、「あのことだ」とおわかりいただけると思います。

ご興味のある方は、「アンガーマネジメント入門講座」をはじめとする日本アンガーマネジメント協会公認ファシリテーターの開催する講座を是非受けてみてくださいね。

20140525.jpg

:::::::

※一般社団法人日本アンガーマネジメント協会※
http://www.angermanagement.co.jp/

posted by Hana at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ASN Today's Tip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

最後のわら1本

いつもブログを見てくださって、どうもありがとうございます。
アンガーマネジメントシニアファシリテーターの大山葉奈です。

先日あるイギリス人と話をしていた時に、教えてもらった英語表現を紹介します。

“It’s the last straw that breaks the camel’s back.”

「ぎりぎりのとこころまで重荷を負ったラクダは、その上に非常に軽いわら1本でも積んだら参ってしまう」という意味だそうです。つまり、どんなに小さなことでも、それによって限度を超えてしまったら、大変なことが起きる、ということ。

「怒り」でもそういうことがあります。非常にささいな出来事なのに、それまで溜め込んでいるものがあまりにも多かったために、小さなきっかけで怒りが爆発してしまうこと。

今、自分がどれくらいの重荷を背負っているのか、わら1本で参ってしまうほどに自分に追いつめていないかを、しっかり見極めましょう。

「結構背負っているな…」という方、以前にこのブログでお伝えしている「ポジティブモーメント」のテクニックを試してみてください。
http://manage-your-anger.seesaa.net/article/392093525.html

8918a8f7a8668d8cb30988a481ef11cd_s.jpg

:::::::

※一般社団法人日本アンガーマネジメント協会※
http://www.angermanagement.co.jp/

posted by Hana at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 「怒り」について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

教育ITソリューションEXPO、1日目大盛況!

いつもブログを見てくださって、どうもありがとうございます。
アンガーマネジメントシニアファシリテーターの大山葉奈です。

先日のエントリでお知らせしたように、今日(21日(水))から23日(金)まで東京ビッグサイトで開催されている「教育ITソリューションEXPO」に日本アンガーマネジメント協会が出展しています。

amblog20140521-1.jpg

私も今日は勤務先は有給休暇にして、この協会ブースで、お立ち寄りくださった方々にアンガーマネジメントを紹介しておりました。

朝からの大雨で、少し出足が鈍っているのかな…と思っていたのも午前中だけ、お昼頃になると会場に来場される方がどんどん増え、ブースの商談テーブルが足りなくなってしまうこともあったほどでした。

「アンガーマネジメント、何それ?」という顔をされていた方が、「なるほど!」と理解してくださったり、更なる興味を持ってくださったりと、教育の分野でもアンガーマネジメント教育が広がっていく期待を感じる1日でした。

私は今日1日のみの要員でしたが、明日・明後日もアンガーマネジメントファシリテーターが皆様をお待ちしています。30分おきに、ミニセミナー(10分程度)もありますよ。

amblog20140521-2.jpg
日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤氏がセミナーをすることもあります!

<概要>
イベント名:教育ITソリューションEXPO
開催日:5月21日(水)〜5月23日(金)
展示会URL:http://www.edix-expo.jp/


日本アンガーマネジメント協会の出展場所は「学校業務支援ゾーン」ブース番号10-5会場マップでは「株式会社サニーサイドアップ」様のブースとして表示されています。

:::::::

※一般社団法人日本アンガーマネジメント協会※
http://www.angermanagement.co.jp/


posted by Hana at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

教育ITソリューションEXPOに出展します

いつもブログを見てくださって、どうもありがとうございます。
アンガーマネジメントシニアファシリテーターの大山葉奈です。

日本アンガーマネジメント協会は、5月21日(水)〜5月23日(金)に東京ビッグサイトで開催される「教育ITソリューションEXPO」(通称EDIX)に出展します。

EDIXは、学校・教育関係者向けでは日本最大となる教育・IT関連の展示会です。

ブースでは、ブースでは怒りタイプ診断、体罰防止プログラム、学習能力を向上させるためのアンガーマネジメントなど、教育現場に特化した内容のアンガーマネジメントのデモがすべて無料で受けられます。

<概要>
イベント名:教育ITソリューションEXPO
開催日:5月21日(水)〜5月23日(金)
展示会URL:http://www.edix-expo.jp/


日本アンガーマネジメント協会の出展場所は「学校業務支援ゾーン」ブース番号10-5株式会社サニーサイドアップ様のブース内に出展します。

そして、私、勤務先の休暇の調整がついたので、初日:21日(水)にブースにおります。この展示会に来られる予定のある方は、ぜひ日本アンガーマネジメント協会にもお越しください。多くの方にお会いできることを楽しみにしております!

:::::::

※一般社団法人日本アンガーマネジメント協会※
http://www.angermanagement.co.jp/

posted by Hana at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

先週の講座の感想をいただきました!

いつもブログを見てくださって、どうもありがとうございます。
アンガーマネジメントシニアファシリテーターの大山葉奈です。

先週の日曜日:5月11日に「アンガーマネジメント入門講座」と「怒りタイプ診断講座」を開催しました。
http://manage-your-anger.seesaa.net/article/397049941.html

この「怒りタイプ診断講座」を受けてくださった方から、講座後数日たってから、こんな感想をいただいたのでご紹介します。

受講後二日目、三日目は怒ることがありましたが、講座で学んだことを意識できました。
四日目の今日は怒ることがまだありません。
二日目は食べ物を散らかす子供にイライラして、「いい加減にしなさい!」といつもなら怒るところでしたが、アンガーマネジメントの考え方によって、子供が食べ物を粗末にすることに対して怒っていることに気づき、食べ物を大切にすることを落ち着いて子供に話すことができました。


素晴らしいですね。「怒り」を感じても、それをただ感情的に表現するのではなく、どう伝えるかを考え、行動できるのは、まさにアンガーマネジメントです。

別の方からはこのような感想メールをいただきました。

大変勉強になり感謝しています。今日もアンガーマネジメント・ラバーブレスを装着し、講座で学んだことを実践したことで、職場のストレス、怒りの連鎖から距離をおくことができました。明日も一歩ずつ頑張ります。

自分がアンガーマネジメントに取り組んでいることを意識することから、アンガーマネジメントは始まります。少しずつまた効果を実感していただきたいです。

blog20140518.jpg

この方々の感想を読んで、自分も怒りに対してこんなふうに思えるようになりたい!と思った方、ぜひ「アンガーマネジメント入門講座」や「怒りタイプ診断講座」の受講をご検討ください。(下記協会ホームページより、今後の開催講座スケジュールをご確認いただけます。)

:::::::

※一般社団法人日本アンガーマネジメント協会※
http://www.angermanagement.co.jp/


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。